RAU DEF / DELICACY

2018/09/30

 

 

 

 

先週から何故かブログへのアクセスが増加していることに気付きちょっと調べてみたところ、

このあいだの連休前あたりにMANTLE a.k.a. MANDRILLさんがこのブログをツイートしてくださっていたようです。

(↑急にさん付け)

 

そのことでこのブログへのアクセス数が上がることは嬉しい限りなんですが、

私としては「あなたの作品を買った人間がここにいるぞ」というのが本人に届いたことが何よりも嬉しく思っておりまして、こういったことがブログやっていてよかったなと思う瞬間であり。

 

まあ今の時代手っ取り早く本人に伝えたいのであれば私もツイッターアカウントをつくりDMでも送ればいいのですが、

この瓶に手紙を入れて海に放り投げるようなスタイルで本人に届いたときは同じウェブ上のことでもまたちょっと違う嬉しさがある気がしています。

 

はい。

 

 

というわけで(←どういうわけか)、

 

CD届いてた9月版その3です。

9月ももう終わりー。早い。majiで。

 

 

 

 

  RAU DEF / DELICACY

 

 

01. Intro

Track by DJ TSUBASA a.k.a. JAM

 

02. Hustlin'

Track by DJ TSUBASA a.k.a. JAM

 

03. Overheat feat. WILYWNKA

Track by DJ TSUBASA a.k.a. JAM

 

04. Mad Science feat. OZworld

Track by DJ TSUBASA a.k.a. JAM

 

05. Skit

Track by 松川晃弥

 

06. Domestic Love

Track by 松川晃弥

 

07. What What feat. SALU

Track by 松川晃弥

 

08. Desire feat. SKY-HI

Track by 松川晃弥

 

09. Respect feat. 150

Track by 松川晃弥

 

10. Unbelievaboy feat. Sugbabe

Track by PUNPEE

 

11. Friendship feat. PUNPEE

Track by PUNPEE

 

12. Outro

Track by 松川晃弥

 

 

All tracks mixed by Goichi

 

 

 

 

 

 

アルバムとしてはちょうど一年ぶりとなる、(たぶん)6枚目の作品。

曲順的にプロデューサーでうまいことまとまっているので三部構成な感じで私は聴いています。

 

第一部はプロデューサーがDJ TSUBASA a.k.a. JAM(YENTOWN)、客演が若手OZworld a.k.a. R'kuma、同じく若手WILYWNKAと、現代風味 & "RAU DEFのイケイケ感" x フレッシュ勢でイケイケましましといった具合。

(8月にアップされた「Betty boop」といいOZworldもイケイケ)

 

第二部は先月リリースされたEP「ICE AGE」の延長にあるような印象を受けるもので、メロディーセンスが存分に発揮されている(特にHOOK)曲が続きます。プロデューサーは松川晃弥。

 

そして第三部は盤石タッグのRAU DEF x PUNPEE。なんだかんだいって私はこの掛け合わせが一番好きです。

この流れで聴くとPUNPEEビートのキックの太さが際立ってとても良き。

 

 

 

先日の「SOFA KING FRIDAY」がアルバムリリースに合わせゲストがRAU DEFだったわけですが、30分という短い時間ながらRAU DEFとPUNPEEがつながっていった経緯ですとか、二人がメロディーについてちょっと話しているのが聞けたり、RAU DEFのラッパースタイル観を知れたりして非常に濃く、大変面白かったです。

音楽に対して真面目ながら変わらずの生意気&チャラい感じが最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts

2019/04/25

2019/04/21

Please reload

Please reload

Recommend
Please reload

© 2017 CHOJURO

  • Black Instagram Icon