『バリー・マッギー + クレア・ロハス展』

 出張から帰る際ほとんどの場合東京を経由して帰るものですから、ついでに何か用足しすることはなかったかなと毎回考えながら帰ります。新宿のシェーキーズでジャンク成分を補給しながら、そうだそうだ忘れるところだったと思い出したのがワタリウム美術館でやっている「バリー・マッギー + クレア・ロハス展」でした。

 東京生活にそこまで未練を感じていない私でもやはりこうした美術館などイベントものは東京に暮らしている人が羨ましいです。行きたいときに行けるっていいなあーと。

ワタリウム美術館。車行ってから撮れよって感じですね。

 記憶を辿ると前回ワタリウム美術館に来たのは確かChim↑Pomの「ひっくりかえる展」のときで2012年だったみたいです。その展示の一環で焼き付けられた? Chim↑Pomのものと、

ワタリウム美術館に来たときは毎回写真を撮ってしまうこれら。

この日はとても暑かったので美術館に着いたときには私もこんな顔になっていたと思います。

 今や大変価値のあるものですが風雨にさらされる路上にある作品のため年々薄くなったりハゲてきているのではないでしょうか。かといって保護するとかいうのもストリートアートとしては何か違う感じがしますからこれでいいんでしょうね。

 さて私がBarry McGeeを知るきっかけとなったのはやはり音楽です。hiphopに触れていると自然とグラフィティも目に入りBarry McGee という名前こそはじめは知らなかったものの、このなんとも言えない陰鬱とした表情の作品はとても印象的で頭に焼きついており、のちにTommy Guerrero、TOWA TEIのアートワークや「Beautiful Losers」で改めて名前を知ることになりました。一見不気味さもあるのですが何故か魅かれるものがあります。

Tommy Guerrero - backintheday

TOWA TEI - FLASH

TOWA TEI - BIG FUN

 最初は陰鬱顔の作品とポップでカラフルな平面構成の作品が同じ作者ということが結びつきませんでしたが、この二つの要素が混在するのがBarry McGeeの魅力の一つかと思います。顔のやつだけでも好きなんですけどね。

 今回の展示で観られるのはTommy Guerreroのアルバムジャケットに見るガラス瓶に描かれたもの(←同じものではありませんが)や陶器のお皿、花瓶に描かれたもの、サーフボードに描かれたものなどなど。ワタリウム美術館は広くはないですがその分凝縮されてじっくり鑑賞できます。

 会場内の作品は私的使用目的に限り写真撮影可能とのことでしたのでたくさん撮らせていただきました。ここに載せることはできませんが、10月15日まで展示は行われるようなのでまだ観に行かれていない方はこの機会にぜひ足を運んでみてください。次日本で観れるのは前回2007年だったようなのでまた10年後かもしれませんよー。

 おまけ

ワタリウム美術館「バリー・マッギー + クレア・ロハス展」概要

honeyee.comインタビュー

CINRAインタビュー

Barry McGee の人柄を垣間見れる良いインタビュー記事でした。

Recent Posts
Archives